薄い財布をおすすめする深い理由

薄い財布を実際に使ってわかりました。これは単なるサイフではないです。

驚くべき思想が詰まったスグレモノです。

「薄い財布」に出会ったのは5年前

ちょうど財布を買い換えようと、探していた時のことです。

スーツの胸ポケットやスラックスの後ろポケットが膨らむのが嫌で、スリムな財布がないかと検索したら、その名もズバリ商品名「薄い財布」を発見。

変わった機構で小銭を収納するようなのですが、よくよく説明を読めば、確かに突き詰めて薄い構造にするには画期的なアイデアと見受けました。

薄い財布をおすすめしている方を多数発見

実際に使ってるユーザーさんのレビューも絶賛が多くて、背中を押してくれました。

みなさん「ポケットに入れているのを忘れる薄さ」と、他の財布との違いに驚かれています。

「次もまたこの財布を買うだろう」と、すっかり手放せないご様子。

革も良質なようで、愛着を持ってエイジング(革の経年変化)を楽しんだりされています。

もともと二つ折りの革財布を使っていたので似たようなものだろうと思いつつも、気分を変えるために、明るいオレンジ色を選びました。

オレンジ色は黄色と同様に金運が上がる色とも言われていますので、期待しつつ。(実際、その直後から金運が上がって驚きましたが、それはたまたまだったのでしょう)

ブランドの公式通販サイト(送料無料)で購入

通販や販売店を探してみると、この商品は雑貨では珍しく「どこで買っても同じ価格」の定価で流通しています。売れてるんでしょう。

ブランド直営の公式通販サイト「スーパークラシック」さんが種類も多く、選びやすかったです。

さて、ほどなくして到着、早速財布の中身を移し替えます。

ところが、入れるカード類を減らすところで、頭を抱えます。

これはメインカード、これはサブカード、銀行、診察券、これは身分証だし、この店とあの店のメンバーズカードはポイントが溜まってるし、、、あぁ全然入らないじゃないか!

と、そうこうしているうちに、「よく考えるとこれは月1回しか取り出さないから、カバンに移してもいいな」と、自分の生活の優先順位が整理されていきます。

人生が変わる瞬間

そして、「よし、これで大丈夫だ」と薄く軽くなった財布をポケットに入れた瞬間!

「今までなんと必要のないものを、後生大事に身につけて生きてきたのか、、、」

と気付くと同時に爽やかな開放感に包まれたのです。

財布は薄くなったが、心は豊かになったといいましょうか。

大きい財布や重い財布は、ただの呪縛だったということに気づいたのです。

それ以来、人におすすめしまくっているのですが、一度手にするともう戻れない人が続出しまして、やはりコレは本物だと確信しました。

薄い財布の正体とは

「薄い財布」は単にお金を収める機能が売りなのではなく、その正体は、

それって本当に必要ですか」という問いを突きつけ、

あなたはどう生きるのか」という哲学が込められた

「ライフスタイル提案型」の商品なのです。

小銭が999円分しか入らないことにもきちんと意味があり、慣れていくうちにどんどんスマートに扱えるようになります。これが気持ちいい。

最近、物を持たない「ミニマリスト」が増えているのがよくわかります。

彼らは、無駄をそぎ落とすことで世界を観る感覚が変わることを知っているのです。

(そう考えると、金運が上がったのは偶然ではない、のかも)

薄さと耐久性

↑ は私の5年モノ薄い財布です。

毎日ハードに使っていますが、縫い糸のホツレやコバ破れは無し。お手入れは、時々靴用のデリケートクリームを塗っています。

真ん中のカード入れの表面に薄く黒い筋が付くのは、カード類のエンボス(凸)とお札部分が接するからですね。

画像右の隠しポケットのところに入っている鍵の形が浮かんでいますが、普段は入っていることを全く忘れています。

薄さと耐久性という相反する問題をクリアするギリギリのところで仕上げた革を使っていることがわかります。

これは海外の人にも受けそうだ!
(お札のサイズに注意)

こだわり抜かれて生まれたデザインと精度の高いモノ造りは、日本人だけでなく感度の高い世界中の人にも受けそう。

でも国によってお札のサイズが違うので、お土産やギフトでお考えの方は、事前に調べたほうが良いですね。

日本の10,000円紙幣は他より横幅が長めで、高額ユーロ紙幣は日本円より縦幅が長い。ドルは小さめで1-100ドル札まで全て同サイズです。

ブランド名はabrAsus(アブラサス)

YOUTUBE:<公式>SUPERCLASSICJPより

商品モデルによって、革の表面加工が違ったり、限定色があったり、コラボしたデザインもあるので、いろいろ見て回るのも楽しい。

色合いが女性向けのレディースもあります。

同じブランドでさらにミニマルな「小さい財布」という商品も出しています。

安心のメーカー直営の公式サイトや楽天店がありますので、詳しい説明はWEBで見ていただいて、まあだまされたと思って、一度手にとって見てください。

心の奥の方から微笑みと平穏が同時に沸き起こりますよ。

≫ 本当に「薄い財布」なのか楽天で見てみる

≫ Amazonでも直販してます(+送料かかります)

財布を修理するリペアセンターまである

abrAsus(アブラサス)公式通販サイト「スーパークラシック」を見ると、なんとリペア(修理)の受付もされています。

≫ http://superclassic.jp/【送料無料】(1万円以上)

大切な財布を修理して愛用してほしいという作り手の想い、、、やはり本気ですね、この作り手さん!(ありがとう!)


年間6000本以上のワインをテイスティングした中から「これは!」と唸った本当に美味しい銘柄情報をお届けします。
ワイン以外にも、心を動かされたモノ、コト、お店、使えるネタをレビュー。