ハイボールが美味しくなる 1000円台 スコッチ ウイスキー おすすめ銘柄

お馴染みの角ハイボールよりも「安くて、もっと美味しくなるウイスキーはないか」?と思い、1,000円台のスコッチを20銘柄ほど飲み比べてみました。

  • 「毎日ウチ飲みできるコスパ」
  • 「ハイボールにしても味がブレない」
  • 「本来ストレートで楽しめる品質を持ちながら、ハイボールでも『らしさ』がある」

を基準に、おすすめのスコッチウイスキーだけをご紹介します。

「飲みやすい」を超えて

ウイスキーは基本的にストレートか、少量加水して楽しむものですが、ハイボールにも全く違う楽しみ(爽快感や食中酒としてなど)があります。

ところが、ハイボール用の低価格ウイスキーを紹介した記事の中には酷いものがありまして、バランスが悪くて香味が安っぽいウイスキー(=「ハイボールにするとマスクされて「質の低さが覆われて飲めるようになった」程度のもの)を推したり、軽いだけの銘柄を「飲みやすい」と持ち上げるものもあります。

ハイボールが「ウイスキーが苦手な人向けの飲み物」で終わってしまうのはもったいない!

ウイスキーはそれぞれに個性があり、奥が深く、複雑な要素が詰まったお酒なのです。

ハイボールをきっかけにして、ウイスキーの魅力を知る旅を楽しんでいただけると幸いです。

「1000円台のスコッチ」は侮れない

個人的に好みのウイスキーは、シングルモルトを中心にシェリー系からピート強い系まで幅広く愛でております。ブレンデッドの妙技が光る一部のスタンダード品も好きです。1990年代までは従価ラベルの良いストックが安く買えたんですけどね。

普段飲みのハイボールに使うのは、コスパに優れた「1000円台スコッチ」。

市場価格が1,000円前半で買える銘柄の中には、よーく探すと驚くほど良くできた高品質なものがあり、コンビニや食品スーパーで見かけるメジャーな銘柄しか知らないのはもったいないです。

これが全てamazonで手頃な価格&翌日着で買えるとは、便利な時代になったものですね。

これがベスト3
ハイボールが美味しい 1000円台 スコッチ

味の違いは個性なので、それぞれに細かい順位は付けませんが、特に美味しいと思った3つがこちら。

スコッチ銘柄を指定して「ハイボールでもう一杯おかわり!」とオーダーしたくなるウイスキーです。

※特に表記のない場合は700ml、40度

※★~★★★は、ハイボール用スコッチとしてのオススメ度合いであり、品質レベルを反映するものではありません。

※銘柄名がamazon商品ページへのリンクになっています。

 

1,200円前後

微かなハニー、ストレートで飲むとフルーティーなエキスと練れたスピリッツ感。

ハイボールにすると僅かに緩くなるが、驚くほど旨味がしっかりと踏ん張って、冷えたソーダで加水するという不利な条件に負けない飲み口が楽しめる。

これでスタンダードクラスとは恐れ入る。

1,300円前後

香りにしっかりピート、まろやかな口当たり。

上質なカカオのようなほろ苦さが、ハイボールでも薄まらず、バランスが壊れることなく、しっかりと芳醇さが広がる。

このハイボールだけを続けて飲むのは ややハードなくらい、香ばしさと強さがある。ピート控えめのライトなタイプと交互におかわりするのがオススメ。

1,600円前後

この価格帯では頭ひとつ抜けたシェリー香と黒糖の芳醇なアロマ。

ストレートで飲むとアルコールのハードさをまろやかな香味が上回り、長い余韻が穏やかに続くという素晴らしいバランス。ハイボールにしても、コクのある香味をしっかり味わえる。

コンビニや食品スーパーにある1,000円前半のカジュアルなウイスキーから数百円足すだけで、ワンランク上の美味しさを味わえることを証明してくれるスコッチウイスキー。

その他の良品
気軽に楽しめるハイボール向け1000円台スコッチ

1,300円前後

黒糖とピートのクッキリとハードなアタック。しかしハイボールにして温度が下がるとエステルのキツさが前に出てもったいない印象にもなる。

≫≫ロゴ入りグラス付きのお得なパッケージもあり。

1,500円前後

荒さが無くバランスが良い。ロックにすると泡盛の古酒のような香ばしさとデリケートさが楽しめるが、ややプレーン(平坦)な印象。

ハイボールにすると飲みやすくなるが特徴がなくなる。軽さを美点とするライトなハイボール好きにおすすめ。

1,200円前後

軽め、プレーンでクセが少なく、その分ハイボールにすると「薄くて味が無い」印象になる。

ポイントは「濃い目に作る」こと。するとコスパの高いまろやかハイボールが楽しめて評価が上がる。

意外に思われるかもしれないが、カティーサークは、ストレートの方が「カドの少ないしっとりした良さ」が舌に広がる。

1,200円前後

「ジョニ赤」の特徴的な磯っぽいピート香がムンムンと香る。この価格帯としては香り高い。

ロックにするとピートとフルーティーさが拮抗して美味しく飲めるが、ハイボールにするとガクンと特徴が減ってしまうため、濃い目に作る必要があり、バランスが難しい。

番外:ユニークなカスクブレンドや国産品も

ひと味違う魅力的な銘柄もありましたのでご紹介します。

1,700円前後

価格帯がやや違うが、「ジョニー・ウォーカーのスペシャルエディションが1000円台後半で買える」のは価値あり。

結論としては、これはこれで面白い。フルーティかつメロウ。ポートワインなど酒精強化果実酒の甘く複雑な香り。レーズンのニュアンスがあるが味は甘くはない。

ハイボールにすると弱くなり、売りのフルーティさが減るので、どちらかと言うとストレート向け。

格別にフルーティーな余韻をアピールして「フルーティー・ハイボール」などどスペシャル感を出すと、ウケる可能性があると思う。

国産ウイスキーの中で好印象なのがこれ。

1,300円前後

1,000円台前半で買える国産ウイスキーの中ではリッチな味わい。どこにでも売ってる「ブラックニッカ クリア」と飲み比べると、数百円でこれほど違うか!と驚く。

なめらかな甘やかさのある味わいで、強すぎないピートの香りも心地良い。

アルコール分45%でしっかりとした飲みごたえがあり、ハイボールにしても美味しいウイスキー。

ハイボール用炭酸水はこれがオススメ

 

1本60円前後

強炭酸+すっきりレモンの香りで、邪魔な酸味や甘味を一切足さない「ザ・ハイボール用 炭酸」。

スーパーで売ってる安い割り材には1000mlのものが多いが、500mlという容量が、炭酸が抜けないうちに無駄なく空になるメリットあり。

安いので24本入りケース買いがオススメ。

年間6000本以上のワインをテイスティングした中から「これは!」と唸った本当に美味しい銘柄情報をお届けします。
ワイン以外にも、心を動かされたモノ、コト、お店、使えるネタをレビュー。